作風

全世代への気配り

〜すべての暮らす人にやさしさと明るい笑顔を。〜

 


人は生まれたときから年を重ねていきます。スポ−ツ選手でさえも20代より30代、30代より40代と体力は低下していきます。また感覚も、その時代や環境の影響もあり、変化していきます。建物は一度造ってしまうとあまりに高額なため、年齢の変化に伴い簡単には造り替えることが出来ません。しかし、その建物で生活している人々は人数も体力も、そして感覚さえも変化していくのです。ですから、それらの様々な変化に対応出来るかが、とても大事な要素となります。

変化への対応とバリアフリ−
そこで空樂は、「間取りのオ−プン化」をご提案します。完全な個室として必要なのは、「夫婦の寝室」「トイレ」「浴室」です。それ以外は出来る限りワンル−ム化します。子供室は、ある年齢まで扉を付けず、家具や将来取り外せるような間仕切りで仕切るようにします。小さな内は家族間の気配が感じられ、将来結婚などで家にいなくなった時には別の用途に転ずることで変化に対応させるためです。

また「間取りのオ−プン化」は、バリアフリ−への対応に大変有効です。バリアフリ−とは床の段差を無くすことだけでは無いのです。壁もまた障害になるケ−スがあります。狭い廊下に手摺りを取り付ければますます狭くなり、手摺り自体が障害になりかねません。更に車椅子対応のつもりで家を建てても、廊下が狭かったり曲がりくねっていたりしていたのでは意味がありません。手摺りの形状でも、障害の度合いで「丸い棒状のタイプ」「板状のタイプ」取り付け方法でも「高さ」「水平」「垂直」「斜め」などケ−スバイケ−スなのです。ですから、いずれ必要になるはずと思いやたらと取り付けると、それ自体もバリア−になりかねないことを知っておく必要があります。一部を除いて必要に応じて対応出来るようにしておくことが大事なのです。

では、その一部とは何でしょうか?それは、浴室とトイレと階段です。一時的な病気やケガの時に役立ちます。高熱で寝込んだとき、足を捻挫したときなど、体を支える手摺りがあれば安心ですし、なにより安全です。もう一つ、玄関の握り棒です。靴を履くときに捕まれれば、体が安定しとても便利です。このように、日常生活上の安全性や利便性を考え最小限度に取り付けることをお勧めします。

 作例「郡山の小さな家」より、玄関の握り棒。

予防医学的見地から
現在健康な状態で段差の無い床で生活してますと、事故回避能力(外に出て小さな突起物につまづき転んでしまったり…)が低下しかねません。逆に、段差をうまく利用することで、「事故回避能力の低下防止」「筋力強化」「脳への刺激」など健康への効用も考えられます。さらに手摺りとの組み合わせで、リハビリテ−ションも自宅で出来るようになります。このように、必要なところにはキチンと取り付け、不要な所はキチンと平らにすることをお勧めします。もちろん必要な時には、スロ−プに変換出来るよう考えて置くことは云うまでもありませんが…。

また、高気密・高断熱住宅は、省エネルギ−の利点もありとても快適です。ところが、冬は風邪をひきやすくなったりと、身体が外部との温度変化に対応できにくくなると危惧されます。寒冷地にお住まいの方や、アレルギ−・花粉症などの症状をお持ちの方にはお勧めしますが、健康な状態で温暖な地域にお住まいの方にはこのことをふまえ熟慮されることをお勧めします。空樂は設備機器に頼ることなく、「冬は寒くなく」「夏は暑くない」を前提とした住宅性能を提案します。人が生まれ持っている「元気」すなわち、生命力を活性化させることがとても大事だと思います。

「段差」について
先程、「必要なところにはキチンと取り付け…」とお話ししましたが、もう少し具体的に説明しておきたいと思います。まず、つま先を引掛け安いのは3〜6pの段差です。ですから高さとしては10pを目安に考えるのが基本です。例えば、「玄関」と「玄関ホ−ル」との境です。靴についた泥やほこり、洗った時の水の進入を防ぐのが目的です。また「和室」は食事や寝室(客間)など直接床に「座る」「寝る」使われ方をしますので、やはりほこりの進入を嫌います。和室は畳の厚さが6pですので、段差を6pにするのが慣例ですがこれを10pに改善することで、もっと使い安くなるはずです。逆に「浴室」ですが、水が脱衣室内に進入するのを防ぐ為に段差を付けましたが、濡れてる床に降りるのは滑りそうで怖いものですし危険です。そこで最近では、ドアの手前に排水溝を設置する事で段差を無くしました。このように視認性もふまえ、段差を付けるのならば10pを基準に、必要なければ完全にフラットにすることが大事です。

余談ですが、リビングル−ムに和室を隣接するケ−スが多々見られますね。この場合、和室の床を35〜40p高くするとダイニングテ−ブルと和室の座卓の高さが揃い安くなり、どちらに座っても目線が同じで一体感が生まれます。(さらにダイニングテ−ブルと座卓を積極的につなげてしまうと、とても面白い空間が生まれます。)また、車椅子からの移動する高さとしても最適なようです。

住宅は都市の縮小化の様なものです。生まれたばかりの赤ちゃんからお年寄りまで、全ての年齢層を対象とします。今、必要で無くても将来の変化への対応が建物の耐久性を考えるうえで、とても大切な要素の1つです。全てまかなえ無くとも、健康を維持するための工夫や、エコロジ−への配慮なども合わせて出来るだけ注意をはらい計画に反映しておくことで「プラスアルファのゆとり」持ち合わせることでしょう。(但し、あまり神経質になりませぬよう…)

 

ご質問お問合わせ等、メールでお気軽にどうぞ。

作風メニューへもどる

TOP

HOME