作風

プランニング

〜新しいアイデアと機能性、美しさ〜


プランニングには大きく分けて、建物の配置やアプロ−チの取り方など「外部の計画」と各部屋の配置や機能性など「内部の計画」の2種類があります。ここでは、「内部の計画」についてお話しします。


まず周辺環境からの影響がどのように働いているのかを調査して、最良の配置を計画します。それは自然光の確保・風の通し方・どのような景観が望めるのか・騒音や振動の防ぎ方・設備配管(電気・ガス・水道など)の経路などの検討です。
その上で、あなたとあなたのご家族が本当に暮らしやすい空間をどのように組み立てるのかを模索します。


「本当の暮らしやすさ」とは、1)機能性、2)ゆとり性、3)美しさから成り立つと考えます。

1)機能性  
   
整理された動線(行き止まりの廊下ではなく回遊できるようにする)

収納力(適材適所:必要な場所に収納…例えば下着類はタオルなどと一緒に洗面脱衣室に)       

耐久性(長持ちさせること、故障時には修繕が容易にできること)

使いやすさ(コンセント、スイッチの位置や数を吟味すること)
2)ゆとり性 必要な大きさだけで構成してしまっては息が詰まります。プラスアルファの大きさや遊びを取り入れること。とは云っても造れる空間には自ずと限りがあります。そこで、空樂は空間のオ−プン化を考えます。例えば、廊下を極力作らず、階段スペ−スもリビングの一部として取り込むことでより大きな空間が確保出来ます。

またその結果、家族全員がリビングを通ることになり、特にお子さんの行動などを自然と確認するのにも役立ちます。
3)美しさ 仕上げはもちろんですが、むしろもっと根本的に空間のプロポ−ションを大事にします。飾り付けや仕上げの高級感にこだわるのではなく、まず形状をバランスよくすることで、あきのこない空間を作ります。


また、前の項目で触れました「癒しの場」であること。「癒す」とは病気やストレスを解消する事ですね。ここでは特に「ストレスの解消」についてお話しします。

ストレス解消の方法には、「何かに熱中すること」と「リラックスの状態をつくること」の2つの方法が考えられます。

「何かに熱中すること」では、好きなことや趣味を生かすのが一番いい方法です。そのためには、特別な部屋が必要な場合とそうでない場合とケ−スバイケ−スです。AVル−ムやオ−ディオル−ムなど少々大がかりな空間が必要な場合から、料理やホビ−ル−ムのように今ある空間のアレンジで比較的容易に実現できるものもあります。逆に「リラックスの状態をつくる」では、特別な部屋を必要とはしません。演出のしかたで実現できます。まず、はじめに思いつくのが「浴室」です。自宅でのんびりと温泉気分を味わえれば、どんなにかステキなことでしょう。浴室から隣地までが広くなくとも植物を配置して眺めながら入浴出来るようにすれば、体を洗うだけの空間から「癒しの場」へと様変わりします。
もちろん隣家や外部からの視線を遮る様々な工夫を凝らします。食堂ではピンスポットを使ってレストランやバ−のような雰囲気作りが出来るようにしたり、リビングでも間接照明(安価な裸電球やカバ−のない蛍光灯を使用)を工夫することで落ち着いた雰囲気が作り出せます。当然のことながら、新聞や本を読むための必要な照度は確保した上でですが。

その他、玄関ホ−ル・トイレ・階段・各個室など色々なアイデアがありますが、住む人々によって千差万別です。紙面の関係で割愛せざるを得ないので、詳しくは是非お問い合わせを…。

最後に各部屋をデザインするにあたって。部屋ごとに「どう過ごすか」「どう使うのか」を改めて考えます。例えば食堂です。「食事をするところです」だけでは漠然としていてデザインの方向性がつかめません。和食が中心ですか・洋食ですか(洋食でも色々種類がありますが)・テレビを観ながらですか・会話を楽しみながらですか・お酒を召し上がりながらですか…もちろんいつも同じなわけでは無いでしょうが、代表する要素があると思います。このように分析してみるとデザインの方向性が見えてきます。また、思わぬ発見があったり、無駄を省けたり、その結果あなたとあなたのご家族の為だけの家が出来上がります。
過去の一例を列挙してみます。「本棚と小さな机が設置してあるトイレ」「大好きな車が眺められるよう車庫が隣接しているリビング」「家中の本を集めたサブリビング(ライブラリ−)」「机の上にベッドを造り付けた子供室(2畳から可能ですが4畳位が妥当)」「玄関と直接続いている土間リビング」「車庫の屋根を利用した大きなル−フバルコニ−」等々。
このように考えると既成概念から逸脱した個性的な空間が、出来上がることがお解り頂けると思います。注文住宅とは完全なオ−ダ−メイドです。

空樂は「ご家族にあった本当に暮らしやすい家」をこのように設計していきます。敷地の形状や大きさなどどのような条件でも、あなたの夢を実現するのは決して不可能ではありません。

ご質問お問合わせ等、メールでお気軽にどうぞ。

作風メニューへもどる

TOP

HOME